老後に得する個人年金保険の選び方について

個人年金保険に加入をお考えの方はいらっしゃるでしょうか。加入を考えているという人や、今現在加入しているが種類を変更してみたいという方も多いと思います。個人年金保険を利用するにあたって、どのような種類があるのか分からないなどの個人年金保険の選び方について頭を悩まされる人は多いのです。しかし個人年金保険は基礎的な知識があればお得に選ぶことが可能です。

個人年金保険は、貯蓄傾向が強い商品で老後の資金をしっかりと確保したいという方に向いているといえます。加入時に医療保険にあるような健康状態の通知は必要ありません。受け取れる年金額も、定期預金などの利率よりも高く設定されていることがほとんどですので、老後資金確保にはうってつけの保険といえるでしょう。

個人年金保険を選び方は、年金の受取方式によって異なります。個人年金保険は受取方式が異なっており、生きている限り年金を貰える終身型と5年10年度の期間を限定した有期型が存在します。終身型の場合生きている間は受け取れるというメリットがありますが、支払う期間や支払い額が多くなるなどのデメリットも存在します。

有期型は、5年10年などの期間が設定されているので融通が利きます。どういうことかというと、例えば60歳から65歳の公的年金受給までの間だけ貰えるようにする5年型をチョイスするとか、10年型で少し長い間公的年金と合わせて受け取るようにし、少し裕福な老後を設計してみるということが可能です。

個人年金保険は、自分の老後設計によって終身型か有期型かで迷われますが、有期型がメリットが大きいように思います。終身型だと保険料は高いにもかかわらず、死亡保障はあまり充実していないのです。融通の利く有期型で老後設計を考えてみるのがお得ではないでしょうか。